今回も兵役行く前の状況を書きたいと思います。

2016年11月後半。
軍事病院(通称802)での最終検査も終わり
兵役行くのが確定しました。

兵役確定した頃の
絶望感とプレッシャーはハンパなかった...

自分は周りから
完全ノリだけで生きてると思われがちだから
友達からは
「兵役ぐらい行ってこい!笑」
「痩せて帰ってこい!」
とか言われてた。

もちろんその場では
笑って「いや,絶対に逃兵する!笑」と
言い張ってあってが
正直兵役に対しての
ストレスとプレッシャーはハンパなかった...

プレッシャーとストレス要因①

要因①
高雄医大を卒業しないといけない

また下の方で詳しく説明するが
高雄医大を卒業することが
1年2ヶ月の兵役を軽くする条件の一つでした。

台灣の大学については
今後気が向いたらまた書こうと思う。

とりあえず医大なのか
たまたま教授が厳しかったのかは
分からないが外国から来たからって
成績に関してはなんの優遇もなかった。

周りの台湾人と同じように
テストを受けてその点数で成績が決まる。

教授にお願いだからパスさせてと頼み込んでも
「みんな公平に採点するので無理だよw」
って一蹴されて終わる。

ついでに私の卒業した高雄医学大学は
台灣全国4位の私立医大。
南部トップの私立医大である。

元々心理学に興味があったし
鬱社会だからこそ将来使える!
と思ったので受けてみたら
たまたま心理学部に受かってしまった。

そこまでは良かったけど
なにしろ卒業するのがマジ大変だった。

心理学はアメリカやイギリスが発展してるから
中国語だけでなく英語でもやらないといけないし
高雄医大はテスト主義な大学だから
点数を規定以上取らないと即不合格。


使っていた本の一部。
英語の本って分厚いよねww
私は個人的に日本語の本でも勉強してました。

すっご~く簡単!心理統計とか言ってるけど
普通に難しかったw

兵役軽減の理由以外にも
私には将来を考えてる日本人の彼女がいたから
日本か台灣どちらかに住むか
早めに目処を立たせたかったし
早くお金を自分で稼ぎたかったから
この卒業が重大な課題でした。

プレッシャーとストレス要因②

要因②
ブラック企業による圧力

大学に通いながらも
出来る限り自分でお金を稼ぎたかったので
高雄の人材派遣の会社でフルタイムで働いてました。

ついでに2016年12月までの
私(にの)が書いたブログのほとんどは
昼休みを利用して職場で書き上げたものですw

夜は勉強したかったので
この時間しか書く時間がなかったのですw
(夜は遊ぶ時間が惜しかった!)

このブラック企業は
安い給料でしこたま私に仕事を押し付けてきて
大学の授業中や休日関係なく
連絡が来てました。

台灣では大学卒業していないと
仕事関係なく給料はとても安いです。

あと日本語も毎週4時間,
塾で教えていたので
正直あんまり勉強できてない
本末転倒なことをしていました。

それでも合間を見つけて
勉強していましたが2016年12月。

私は気づきました...
(テデン!!by MGS)

今年1月の大学の最終試験で
100点中85点以上取らないと
完璧に留年するということに…

それから社畜精神を捨て
会社をやめて勉強に専念することにしました。

残り2週間しかなかったけど
なんとか最終試験85点以上取れたので
無事卒業することができました。


無事,卒業証書が取れました。

兵役軽減の申請へ!!

兵役軽減は2種類ある。

1,期間は変わらないがほとんどが事務仕事になる
2,期間は大幅に短くなる

私は1の場合でも結局,1年強の兵役。
2の選択肢じゃない限り日本に帰る予定でした。

選択肢1の兵役を中国語では
替代役と言います。

条件は以下の通り

こちらは台北の兵役課でもらってきたもの。
市によって若干の違いがあるかも。


翻訳するのめんどくさい...笑

簡潔にまとめると
家庭の状況や収入,宗教関係,自身の病気等が
上記の条件にあてはまっていると
申請できます。

兵役内容が軽くなったり
期間が短くなったり。

ラッキーな兵役!!

私はとにかく短い期間だけなら
兵役してもいいと思ったので
とりあえずその条件に合うように
いろいろ資料を集めました。

たまたま兵役課のおばさんと仲良くなり
何度も電話で問い合わせたり
条件通過するために必要以上の書類を
あちらこちらに行って掻き集めました。

台灣国防省は
なにがなんでも兵役に行く人確保したいらしく
いろんな質問や問題を指摘してきます。

大雑把な台灣が好きだったのに
この件に関しては超真面目...

両親が日本にいるので
台灣で自分が稼がないといけない
証明写真を提出しろとも言われました。

意味が分からないwww

普通車免許持ってるけど
本当に本人が運転してる写真を持ってこい
と言われるのと同じです。

台灣で私が自分で
稼がないといけない証明写真を提出しろって...
どーゆうこと!

私は一休さんかw

ポン,ポン,ポン...
(木魚の音)

パスポートと
通帳記録と日本で撮った親父との写真を
提出することにしました。

facebookはこういう時に役立ちました。
なにせ日付と写真が残ってるので
私が頻繁に日本に帰ってる証拠写真もありました。

頻繁に日本へ帰る=親が日本にいる
という証明になるからです。

これで自分が台灣で稼がないといけない
という証明ができました。
親切にしてくれた
兵役課のおばさんのおかげもあり
たまたま運良く他の条件も揃うことができました。

そして約1週間半後...

一通の手紙が高雄市政府から届きました。


徴兵令です。

つまり兵役に来なさい。
集合日時は3/6 08:30 高雄駅前。

そうです,兵役確定です。
絶対に行かなければいけません。
もう逃兵できません。

でも結果オーライ!!!笑

補充兵として兵役行くことに決まったからです!

※補充兵=特別な理由なため12日だけ兵役をする

この補充兵の条件を獲得するのが
ものすごく大変でした。
運もよかったと思います。

次回からは
兵役本番について書きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~
台湾のなんかについて紹介
http://duix2.com/blog/category/nino/shoukaisomething/

台湾の食について紹介
http://duix2.com/blog/category/nino/shoukaieat/

音楽を始めよう!!
http://duix2.com/blog/category/nino/musicnino/